KRGホーム株式会社を調査|ビジネスモデル

KRGホーム株式会社とは?

KRGホーム株式会社という名前を聞いたことはありますでしょうか。実際、聞いたことがある人はリゾート地の別荘などを購入する時などに聞いた名前ではないでしょうか。編集部としてこの前社員旅行で熱海の方に行ったのですが、その際にリゾート別荘って興味があるよね。いつか自分の手に欲しいよねという話になり、その際に交通広告が出ていたのがこの「KRGホーム株式会社」でした。きっかけはひょんなことからと言いますが、本日はこのKRGホーム株式会社について調査を進めて行こうと思います。

KRGホーム株式会社は、平成19年12月10日に設立された会社となっています。本社は、東京都港区にあり、グループ会社には、大阪府淀川区にある分譲地管理などを行ってるKRGランド株式会社が存在しています。

また、どういったことを事業としているかというと、「2×4UNITE住宅の企画や設計施工業務」、「一般建築やログハウス建築技術に関する研究業務」、「地域開発」、「都市開発」、「環境整備の研究」、「シェアハウスの企画や設計」、「コンサルティング」、「不動産の売買や仲介業務」などとなっています。文字だけで見ると、不動産のことならなんでも受けてくれる便利な会社といったところでしょうか。

KRGホーム株式会社が手がけるリゾート住宅

では、実際にどのような物件をKRGホーム株式会社が手がけているのか。そういった具体的なところを紹介していきたいと思います。今回はKRGホーム株式会社が手がけている物件を例に取り紹介していきます。

白浜ホープヒルズ

KRGホーム株式会社のリゾート物件を検索してみると「白浜ホープヒルズ」があることがわかりました。では、この物件にはどのような特徴があるのでしょうか。リゾート地に建っていることは今までの紹介でもわかると思いますが、その物件の特徴についてご紹介をしていきたいと思います。

海の見える高台に住む誇り

日常に輝く海を眺め、晴れやかな陽光と風に包まれる高台ならではの暮らし。南紀白浜のリゾートフルな自然を享受するここだけの新街区。

KRGホームが打ち出している言葉は上記の通りです。実際に海が見える高台。この文章からも2つの特徴が見えてくるのではないでしょうか。海が見える物件に住みたい。こう考える人は少なくありません。実際に、海が大好きだからという理由で海が見える街に引っ越しをしてくる人も年間でいえばかなりの数に登るのではないでしょうか。

また、海が単純に見えるというステータスに加え、高台であることも一つのポイントとなっています。日本は地震大国と言われており、その被害は近年でも様々な場所で起こっています。安心・安全を住居に追求すると自ずと高台での暮らしというのは一つの特徴となってくるのではないでしょうか。

近代建築の巨匠をリスペクト。アーティスティックなDesign邸宅。

ユニテハウスはル・コルビュジェの「新しい家」に対する思想を取り入れ、2×4工法のデザイン邸宅。将来の間取り変更にも優れた設計です。

リゾート物件の一つの特徴としては単純な住居としての考え方とは別に、非日常感をどれだけ得ることができるかというポイントもあるのではないでしょうか。もちろん、それは人によって様々であることは編集部もよくわかっています。しかしながら、リゾート物件の購入を視野に入れている人は、感覚的には第二の住まいを手に入れようとしている人が多いように見受けられます。だからこそ、いつも過ごすような利便性を考慮したデザインの邸宅ではなく、全く新しい、それこそ見ていて感銘を受けるような建築デザインをどこかで探っているのかもしれません。これは編集部の担当のいち意見なので、少し論点はそれているかもしれませんが、このように感じています。

津波や洪水に強い高台の安心感。

「南海トラフの巨大地震」及び「東海・東南海・南海3連動地震」の津波浸水想定や富田川がはん濫した場合の洪水をシミュレーションしたハザードマップからも津波や洪水による浸水に強いエリアとなっています。

住まいを検討する上で、一番大切になってくるのがリスク管理ではないでしょうか。最初の特徴の箇所でも記載しましたが、やはり高台に家が存在していることは、この地震大国日本に住む上では必要不可欠な対策要素と言えるのではないでしょうか。住んでいる箇所が危険であること、そして将来的に危険が発生しそうな地域であることを避けたエリアであることは何よりの安心に繋がります。怖さを知っているからこそ、このような物件に強みが出るのではないでしょうか。

人の目とテクノロジーで安心の暮らしを守ります。

分譲地入口に設置された管理事務所、敷地内防犯カメラで、24時間体制の堅牢なセキュリティーでご家族の安心をサポート。

先ほどは天災に対するリスクの排除を紹介しましたが、何も天災だけがリスクであるとは限りません。令和になってからも物騒なニュースが世間を騒がせています。だからこそ、徹底したセキュリティー管理を行うことで、大切なご家族、そして自分自身を守ることができるのではないでしょうか。

暮らしをサポートする快適サービスの充実。

毎日のお買い物にも便利な無料送迎バスや小・中学校への送迎バスなど暮らしがグッと便利になるサービスが充実。

住居である以上、ある程度利便性が高くなければ住み続けることは出来ません。一年に一回訪れるなどの完全なるリゾートであれば話は別かもしれませんが、地域に根ざした生活を送る場合に不便なサービスであれば誰が申し込みをするのでしょうか。そういった意味では徹底して不便さを解消するようサービスを提供してくれているのがよくわかります。

KRGホーム株式会社が作る「白浜ホープヒルズ」

これまで特徴などについて文章で様々話をしてきましたが、実際に物件の写真はどうなっているのか。そこが大きく気になるポイントではないでしょうか。ここでは「白浜ホープヒルズ」がどういった物件なのか、実際の写真を用いてご紹介をしたいと思います。

こちらはモデルルームの写真となっています。窓が非常に大きく設けられており、開放的な居住スペースであることが伝わってきます。実際に高台に位置していることが一目でわかる素敵な写真ではないでしょうか。また、畳についても琉球畳を利用しており、デザイン性を高くしているのが見受けられます。

こちらは続いてお風呂の紹介なのですが、こちらも開放的なお風呂であることがよくわかります。まさにリゾートであることが実感できる最高のお風呂ではないでしょうか。

こちらはリビング写真でしょうか。キッチンの目の前にはカウンターが設けられ、非日常的な演出がされていることがよくわかります。また、近代的なデザインにより、ソファスペースもきちんと設けられ最上級のリラックスを追求できるよう設計されています。

いかがでしょうか。リゾート物件について紹介をしてきましたがこのような写真を実際に見ると、いつかこういう物件が欲しいなと思って、頑張る気持ちが湧いてきたのではないでしょうか。かくいう私もこの記事を作成しながらいつかこのような物件を手に入れたいなと、夢が一つ出来上がっていく思いで執筆しています。詳しくは下記のキャンペーンサイトで確認出来ますので、値段や間取りなど自分なりに知りたいポイントを探ってみてください。

リゾート物件を持つということ

リゾート物件を選択肢の一つにする場合にはメリットとデメリットについても同時に知っておかなければなりません。当たり前の話かもしれませんが、きちんとメリットとデメリットについて記載をしていきますので、一通り目を通して頂ければ幸いです。

リゾート物件に住むメリット

リゾート物件を検討した場合に何がメリットになってくるのか、今回は3つのメリットを紹介したいと思います。

周辺環境が良好である

リゾート地の多くは、「海」、「湖」、「山」、「温泉」など、観光地として栄えていることが一般的です。むしろリゾートと言っているくらいですから、自然環境が豊かな土地にしか建たないと思っていただいた方が良いかもしれません。これはつまり、利便性が物凄く良いということにはなりませんが、リゾートならではの静かな環境でゆったりと過ごすことができるというのが大きなメリットになります。

近隣トラブルのリスクが低い

リゾート物件にも、一定割合で定住者がいます。これは先ほどにも紹介をしましたが、実際に2箇所目の居住地や複数箇所目の居住地として購入をする人がいるのはもちろんですが、定住をする人も割合としてはいらっしゃるのです。ただ、大半は別荘としての利用を目的に購入しているので、自分が利用する時に両隣や近隣の物件まで全て大人数が定住している可能性は低いと言えます。だからこそ、隣人との接点が少ないので、必然的にトラブルが起きるリスクも低くなります。リゾート地まで出向いて、隣人とのトラブルに巻き込まれるなど非常に辛いと思いますが、基本的にはそういった例はあまりありません。

いつでも気ままにバカンスを楽しめる

リゾート物件を所有する最大のメリットはこれになるのではないでしょうか。自分の所有する物件なので、自分の好きな時に好きなだけ利用できます。ホテルのように、チェックアウトの時間を気にしながら過ごす必要もありませんし、GWや夏休みなどどこも混んでしまう時にも簡単に利用することが出来ます。また、どこかに子供を連れて行ってあげないとなと感じる両親の気持ちを組むと非常に利便性が高いと言えるのではないでしょうか。

リゾート物件に住むデメリット

リゾート物件はメリットだけではありません。デメリットとしてもきちんと存在していますので、この点をきちんと確認するのが良いでしょう。

維持費が高い

当たり前ですが、物件を維持していくためにはそれなりに維持管理費がかかってしまいます。購入する際に金額が安いからと思っても、未来までの維持管理費を考慮するとそれなりに大きな金額になってくることも考えられます。きちんと維持管理費がどれだけかかるのか。また当然ですが住みだすまでには揃えなければならない家具なども購入しなければなりませんのでこの点も注意が必要です。

流動性が低い

これは考え方次第ですが、不動産投資としてリゾート物件を持つ方もいらっしゃいます。昔で言えば、バブル崩壊後にリゾート物件の価格は大幅に下落したという実績もあります。また、販売価格が手頃になったということは、欲しい人が少なくなったことを意味しており、人気エリアであれば見込みはありますが、将来手放したいと思った時になかなか買い手が付かない可能性があります。この点も考慮しなければなりません。

KRGホーム株式会社

会社名 KRGホーム株式会社
設立 平成19年12月10日
資本金 5,000万円
一級建築士
事務所
東京都知事登録第58408号
建築業許可 東京都知事(般-23)第137358号
宅建業免許 国土交通大臣(1)第8209号