フォーデイズ株式会社の調査|核酸ドリンク事業

核酸ドリンクを扱うフォーデイズ株式会社

フォーデイズ株式会社を調査するにあたり、先ずは社名について調べてみることにしました。社名について知ることは、会社の持っている目指すべき形、目指すべき場所を知る大きな手がかりになります。

フォーデイズの社名は「フォーデイズ=重ねゆく日々のために」という意味で、皆さまに豊かな人生を歩んでほしいという願いがこめられています。フォーデイズという企業は、人の細胞の中に存在している「栄養素」、「核酸(DNA・RNA)」、「核タンパク」の研究を続けています。このように書くと少し難しい研究開発企業のようなイメージを持たれがちですが、そんなことはありません。このような研究開発をする目的は「お客様の健康」にあります。つまり、社名にこめられた皆さまに豊かな人生を歩んでほしいという願い、その礎となる健康な未来のためにフォーデイズは存在していると言えるのではないでしょうか。

フォーデイズが研究している核酸は、細胞が生まれ変わったり、傷ついた遺伝子を修復したりするときに、重要な役割を果たす栄養素と考えられており、普段の生活から核酸を意識して取り入れることが大切だと言われています。その点にフォーデイズは、いち早く着目し、今日に至るまで研究開発を続けてきました。だからこそ、「核酸栄養のリーディングカンパニー」といわれるようになったのだと思います。

フォーデイズが扱う「核酸」ってどんなもの?

一般的には「DNA(デオキシリボ核酸)」と「RNA(リボ核酸)」のことを核酸と呼んでいます。DNAは、主に細胞の核の中に存在しており、「親から子へ、細胞から細胞へ」性質を伝える遺伝子の本体として働いています。RNAは、DNAの情報に基づいてタンパク質を合成する働きを担っています。このように生命活動の根本を担う核酸は、私たちの体内を構成する約37兆個の細胞一つ一つの中に含まれており、核酸の栄養学的な側面についても注目が集まっています。

話が少し難しくなってしまいましたが、この「核酸」をきちんと科学的な側面から研究することによって、人の健康に対してどのようにアプローチすることができるのか、ということを追求している企業となります。

核酸ドリンクの研究に向き合う姿勢

一般消費者に製品をお届けする企業として絶対に持っていなければならないのは、確かな安全を保証する品質と、その研究開発に取り組む姿勢だと思います。その点、フォーデイズでは、品質管理センターや自社工場を設立し、「安全・安心」な製品づくりに取り組んでいます。

また、核酸のパイオニア企業として、第一線の研究機関と連携し、学術研究を重ねています。今年(2019年)9月には、ライフ・サイエンス研究所との共同研究室「次世代核酸ラボFD」を設立し、核酸素材の機能性研究を推進しています。

このように、製品の安全性のみならず、学術研究においても真摯に向き合うフォーデイズは、私たち一般消費者にとって、信用できる企業なのではないかと感じました。

フォーデイズが取り組む「安全性」の追求

昨今の日本においては、食の安全性への関心が非常に高まっています。そんな中で、フォーデイズでは、より安全な原材料の選定・製造・流通に至るまでの管理体制を強化し、さまざまな安全対策に取り組んでいます。安全対策は皆さんが思っているほど簡単なものではありません。ここでは、フォーデイズが取り組んでいる「品質管理」および、「製品における安全性」の追求。この2点について紹介をしたいと思います。

フォーデイズの品質管理

フォーデイズでは、製品の「安全・安心」を守るために、「フォーデイズ品質管理センター」を設立し、品質の管理を徹底しています。

フォーデイズの「品質管理センター」は2009年に設立され、設立以降「核酸ドリンク」をはじめとする食品や化粧品など、全国各地の工場で製造されたフォーデイズ製品をすべて取り寄せ、製造ロットごとに保管し、製品の安全を確認し、お客さまに安心していただける品質保証体制が構築されています。

製品の安全性

「ナチュラル DNコラーゲン」の製品の安全性に関する検査は、放射能検査や毒性試験など、第三者の研究機関で定期的に行われています。これは、自分たちだけの検査に頼ることなく、第三者機関のチェックを導入することでより徹底した安全性の追求を行う体制であると言えるのでは無いでしょうか。

また、原料の調合から、充填、生産ラインの洗浄までを1日サイクルで行う一貫体制で、作り置きによる変質や雑菌混入の余地を削除して徹底した衛生管理のもと製造されているのです。

フォーデイズの企業理念について

人生に健康と安心、そして輝きを創造する。

フォーデイズの創業は1997年です。それ以来フォーデイズが一貫して取り組んでいることは、「安全で、高品質な製造づくり」だと言えるのでは無いでしょうか。

考えてみれば、豊かな人生に「健康」は欠かせません。友達と何気ないことで笑うことも、家族とキレイな景色をみることも、愛する子供のために何かをしてあげることも、そのすべてにおいて「健康」であることが前提条件として求められています。だからこそ、フォーデイズは元気でよろこびにあふれた毎日を、たくさんの方におくってほしいと願っているのだと思います。

それは企業理念である「人生に健康と安心、そして輝きを創造する」という言葉からも読み取れるのではないでしょうか。企業ホームページより引用し、フォーデイズの企業理念をご紹介したいと思います。

「フォーデイズ=重ねゆく日々のために」。この社名には、皆さんに豊かな人生を歩んでほしいという願いがこめられています。 フォーデイズは、その礎となる「健康」を追求し、人生を輝かせるための企業活動を行っていきます。

フォーデイズが扱う「核酸ドリンク」について

先ほどもご紹介した通り、フォーデイズでは「核酸ドリンク」を取り扱っています。この製品について説明をしていくことで、企業の全体像がさらに見えてくるのではないでしょうか。

核酸ドリンク 新「ナチュラル DNコラーゲン」の特徴

<活力豊かな毎日を支える ナチュラル DNコラーゲン>

第7の栄養素とも呼ばれる核酸(DNA・RNA)・核タンパク質を独自の技術で水溶化して配合した健康ドリンクです。製品設計をゼロから見直し、ライフ・サイエンス研究所と共同開発したDNA含有サケ白子抽出物をベースに、RNA含有食用酵母抽出物、コラーゲンペプチドとフォーデイズオリジナル原料のトリペプチド型コラーゲン、ヒアルロン酸含有鶏冠抽出物、コンドロイチン含有鮫軟骨抽出物、ビタミン、ミネラルなど、さまざまな栄養素を配合しています。甘さ控えめで、すっきりとお召しあがりいただける栄養補助サプリメントとして、毎日の健康維持に利用できます。

<新しくなった新核酸原料「プレミアムミックス」>

3種類の核酸原料(DNA含有サケ白子抽出物)を配合した「プレミアムミックス」を採用しています。
さまざまな長さ(分子量)のヌクレオチドを含み、それぞれ特徴を持ったサケ白子抽出物をミックスして、核酸のもたらすさまざまな可能性を追求して開発されました。

<吸収されやすさをさらに追求「コラーゲントリペプチド」>  

今までの「一番搾りコラーゲン」の一部を「コラーゲントリペプチド」に置き換えて改良し、フォーデイズオリジナル原料として配合しています。体にとって大切な成分であるコラーゲンは「いかに吸収力を高めるか」が重要です。腸から直接吸収されやすくなるために開発された原料が「コラーゲントリペプチド」です。

<ビタミン大幅増量>  

ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12の各種配合ビタミンが大幅に増量されています。

<ミネラルの吸収に着目>  

吸収しにくいミネラルとして知られるカルシウムが、効率よく吸収できる形で配合されています。
ビタミンC・コラーゲンと一緒に摂取できるという利点があります。

<甘さ控えめ>

甘さを控えめにすることで、幅広い年代の方が飲みやすい味に変わっています。

フォーデイズの経営基盤は?

フォーデイズが良い製品を取り扱っていることがわかったと思います。しかしながら、製品が良くても企業としての経営状況が悪いようでは、製品や会社に対して変なイメージが膨らんでしまう方もいるかと思います。そこで、フォーデイズの経営基盤について調査をしてみることにしました。

フォーデイズの経営状況

こちらはホームページから2019年3月期における決算の情報を引用してきました。決算では、24億円という大きな経常利益を創出していることがわかります。

会社名 フォーデイズ株式会社
所在地 〒103-0025
東京都中央区日本橋小網町 6-7 第2山万ビル
設立 1997年4月
代表者 代表取締役社長 和田佳子
従業員 264名(臨時を含む)
資本金 4500万円
2019年3月期決算売上 336億37百万円
2019年3月期決算経常利益 24億49百万円
事業内容 健康食品および化粧品の開発・販売
加盟団体 一般社団法人 全国直販流通協会
公益財団法人 日本健康・栄養食品協会
一般社団法人 日本栄養評議会(CRN-JAPAN)
東京商工会議所
取引銀行 三井住友銀行 日本橋東支店(日本橋東法人営業部)、
三菱東京UFJ銀行 門前仲町支店(深川支社)、みずほ銀行 京橋支店、
きらぼし銀行 日本橋支店

核酸ドリンクにかかわる従業員たち

核酸ドリンクにどのような人がかかわっているのか。そういった点で従業員の紹介をしたいと思います。

 

2016年入社:社長室所属

会員さまに「ワクワク楽しい」と思っていただける環境を構想し、それを形にすることが私の仕事です。

 

2016年入社:内部管理部所属

内部管理部とはお電話で会員さまからのご注文・ご質問をに対応し、FAXでいただく注文書、会員登録申請書の入力など会員さまをサポートするセクションとして多岐にわたる業務を行っております。

会員さまの、お顔の見えない電話対応はとても難しい仕事ではありますが、会員さまとの大切な接点、そして会社の印象を左右する重要な役割ですので、ひとつひとつ丁寧に、声で笑顔を感じていただけるよう日々業務に取り組んでおります。

2017年入社:内部管理部所属

入社1年目は「経験」と「学び」の年でした。1年間にわたる全国各地での研修のなかで、たくさんの会員さまから支えていただき、会員さまへの感謝の気持ちと大切さを学びました。

また、イベントに多く参加するなかで拝見した会員さまの楽しそうなお姿からフォーデイズのよさを実感し、そして、私の中で支えていただくだけではなく、会員さまをサポートできる社員になりたいという活力にもなりました。

フォーデイズの社会貢献活動

フォーデイズは、「健康創造企業」としてさまざまな活動をしています。株式会社という特性上、利益を上げることを目的のひとつとしていますが、フォーデイズは利益を創出し納税するだけでなく、私たちが生きている社会をより良くするための活動をしている企業となります。

そのフォーデイズが取り組んでいる活動について紹介をします。

ネパールにおける自立支援協会

循環型の経済社会を構築する、類を見ないネパールでの自立支援プロジェクト。

復興支援活動

東日本大震災をはじめとした国内の度重なる地震等の自然災害に対し、被災地復興に向けてさまざまな支援活動を行っております。

日本の伝統文化支援活動

伝統文化イベントへの特別協賛や酒蔵再生プロジェクトなどの文化支援活動。

障がい者への自立支援

国内の障がい者の「自立」に向けた支援活動。

東大寄付講座

「健康創造企業」をめざすフォーデイズ社会貢献活動の一環として支援しています。

まとめ

今回調査をしたフォーデイズ株式会社については、非常に面白い役割を持った組織であることがわかったのではないでしょうか。健康を目的に事業を構築している企業は数多く存在していますが、しっかりとした研究開発基盤、将来的に研究を継続することができる経営基盤など、さまざまなことがこの記事を通して理解出来たのではないでしょうか。

さまざまなことを実現するために、健康を求めている人は非常に多いと思います。ましてや高齢化が進む中で、この健康という点についてしっかりと考えることは大切だと思います。

私たちが楽しい未来を生きるためにも、健康をしっかりと手に入れてより楽しい人生を送りたいものです。