スタップ|注文住宅・工務店についての調査

スタップについて

スタップという注文住宅・工務店を聞いたことがありますでしょうか。実際にこのような言葉を耳にするタイミングはご自身で家の購入を考え出した時に、聞くことが一般的です。実際に編集部でライターをしている私も、住宅を購入するタイミングでは本当に多くの住宅メーカーさんや工務店さんに会いに行きました。逆にいえば、このタイミングが訪れない限り、中々注文住宅企業や工務店さんと関わり合いを持つことは少ないと言えるのではないでしょうか。今回の記事では「スタップ」についてご紹介をしたいと思います。

スタップ株式会社は、「新築事業」「リノベーション事業」と大きく分けて2つの事業を展開しています。簡単に新築事業とリノベーション事業と2つに分けていますが、ここから読み取れる情報としては、新しく家を購入されるお客様も、既に家をお持ちになっているお客様も、住宅に関係することであればお任せくださいというスタンスを取っていると言えるのではないでしょうか。

また、スタップがターゲットとしている世代は、30代のご夫婦を中心としたいわゆる”家が欲しい世代”です。もちろん住宅の購入に関していうと、この30代が一番のボリュームゾーンになると思います。では、なぜターゲットをわざわざ定めていることを皆様に公言しているのでしょうか。その理由としては、スタップは、ターゲットを絞り込み、他社との差別化を図りながらマーケティングを行っているからとなっています。

「建築士と建てるオーダーメイド住宅」がコンセプトのスタップの家なのですが、「他とは違うかっこいい家が欲しい」、「建売には魅力を感じなくて」などという意見を持っているお客様のお手伝いをしているからになります。もちろんターゲットを絞ることによって他の層を弾いている訳ではありません。

明確化したサービスの先に、より良いサービスが生まれるからこそ、ターゲットを絞っていると言い換えることができます。言葉として、“オーダーメイド”と言うと高価なイメージが世間に浸透していると思います。しかしながら、実際にお客様からは「想像していたより高くなかった」と言われることが多いようです。

私もオーダーメイドという言葉の裏には、高価格が潜んでいると思っていた一人です。ではなぜ高価格にならないようにサービスを提供することができるのでしょうか。そのヒミツは、大手のように下請けの工務店や会社を入れておらず、自社で現場を管理しているからとなります。住宅は非常に高価な商品です。

そうなってくると下請け工務店や会社を入れてしまうと費用が割高になってしまうのは当然です。その中間に発生する手数料を取り除くことによって、一般消費者に寄り添っていると言えるのではないでしょうか。

スタップの特徴をよく理解した上で、大手ハウスメーカーや設計事務所など様々なところを回ってから、ぜひスタップにも足を運んでほしいなと思います。

編集部
住宅って一生に一度の買い物だけど、正直どこの会社が良いかというのは分からないよね。
編集部
うん、でも分からないからこそ、こうやって自然と価格の面でも一般消費者に寄り添ってくれるのってありがたいよね。

スタップの営業について

スタップでは、反響営業を採用しています。これがどういうことを意味しているかというと、自分達からはプッシュして無理な営業をすることはなく、自然な形でお客様にご来店をいただくシステムとなっています。

昨今、売上のために横暴な営業を繰り返す企業も増えてきています。そのような中で、きちんとお客様が納得した上で自分達の話を聞きにきたいと思える環境を構築しているのではないでしょうか。反響営業は飛び込み営業とは異なり、自社の製品にある程度、興味を持っていただいている方に向けた営業活動になります。

例えば、HPや雑誌、ダイレクトメールなどのメディアを通して広告宣伝をし、それに興味を抱いた方にターゲットをしぼってから営業をしていきます。

どんなメディアを使って、どんな広告を打ち出していくかを検討することが非常に重要になります。スタップでは、他社との差別化を図るために自社ホームページや住宅雑誌、web広告には必ず、特徴のひとつである「四角い外観」の写真を使用しています。数多くある住宅会社の中に埋もれることなく、それでいて特徴的な外観を印象付けることができると考えているからです。

お陰様で「かっこいい外観に惹かれて…」とスタップにお問合せを下さる方も少なくありません。当然、的外れな広告を打てば売り上げに直結しますので、正しい市場の調査・分析を行った上でのイベントの企画など、これからもどんどん新しいことを仕掛けています。

これがスタップの姿勢となっています。このような姿勢を明らかにすることは実際は採用サイトなどの方が多いのではないでしょうか。しかしながら、今の住宅選びはネットが決め手になることも多々あります。特にターゲットと定めている30代についてはインターネットを利用して、どのん注文住宅企業にいくかを決めている人は多くいると思います。

会社として、良い情報をいかにしてお客様に届けるのか、そしてそれはストレスのある情報ではないのかという点を考え行動している企業ではないでしょうか。

なぜこのようなところを紐解くのかというと、住宅産業は古くからある産業です。しかしながら時代は常に進化しており、新しいビジネスツールは多く生まれてきています。それを会社としてきちんと取り入れ、新しい時代に適合したサービスを打ち出せるかどうか、こういった点を見抜くために編集部ではこの点を調べてみました。

自分が住む住宅なのですから、センスのある住宅に住みたいと思う人は多くいると思います。むしろセンスが悪くても良いなどと思う人はいないのではないでしょうか。そういった意味で、きちんと新しい情報を取得し、活用している企業に相談するのは悪いことではありません。

スタップが目指していく方向

みなさんもご存知のことかと思いますが、注文住宅ビジネスは差別化が難しいと言われています。差別化が難しいというより、差別している点を一般消費者に伝えることが難易度があると編集部は考えています。その理由としては、多くの企業が同じ商品材料を仕入れることができますし、住宅デザインの違いを感じ取れるほど、私たちは様々な住宅に触れていません。だからこそ、企業努力を伝えにくいところではあります。

そういった中でスタップは今後どのような部分に力を入れていくのんでしょうか。スタップが描く未来は、たくさんのチャンネルを持つ、引き出しの多い会社にしていこうとしているようです。その背景として、時代の流れとともに多様化するお客様ニーズがあります。これからさらに多様化していくであろうお客様のニーズに、スタップでしかできないサービスでしっかりと応えていけるようにしていきたいのです。

例えば、「コストを抑えたセレクトスタイルの注文住宅」「完全自由設計の注文住宅」「外部コラボによるワンランク上の注文住宅」という風に、注文住宅をさらに細分化して「専門店」をたくさん持つようなイメージですね。すでにこの取り組みはスタートしていますが、これからさらに力を入れていく予定です。そうすることで、お客様のひとりひとりにぴったりのご提案、お客様それぞれの想いに柔軟に対応していきたいと考えています。

余談ですが、結婚して子どもが産まれたら「庭付きの一戸建てに住みたい」という、ある種みんなが同じ夢を持っていた時代は終わりを迎えてしまいました。いつの間にか日本は、急速な少子高齢化の進展によって家族形態も大きく変化し、これまで住宅購入の中核を担ってきた、30代~40代 の家族の世帯数が減少し、住宅市場は縮小していくことが予想されます。

それは何を意味しているかというと、単なる「ハコ」としての住宅ではなく、そこに住まう人たちの「ライフスタイル」を提案していくことがこれまで以上に重要になってきました。私たちは「新しい家でどんな暮らしがしたいか」そんなお客様の多様なニーズに対応していくため、今後はさらにチャンネルを増やして、事業展開をしていこうと考えています。

スタップからのメッセージ

スタップの家づくりは
あなたの『暮らし』を知る事から始めます。

あなたにとって「マイホーム=家」とは何ですか?

・家族のため ・老後のため ・賃貸だと家賃がもったいない
・夢や憧れ ・資産など

理由は人それぞれ。もちろん、どれも間違いではありません。
家づくりは一生に一度の”ワクワクする”一大イベント。
誰でも失敗したくないですし、無駄なお金もかけたくない。

スタップ株式会社は、長年家づくりを担う建築事務所として、『家=家族と幸せに暮らす道具』であると考えています。

家は暮らしを豊かにする象徴的な存在。そして本来、家づくりは自分たちのライフスタイルに合わせ作り上げていくのが理想です。

それなのに、モデルルームを模倣した家や規格住宅ばかり作っていては『できた家に合わせて暮らしてください』と言っているようなものかもしれません。

家族のライフスタイルに寄り添う設計、快適で実用的なデザイン、天然木100%の無垢床、そして自然素材で作るハンドメイドのオーダー家具。

スタップ株式会社は、組み立てるだけの規格住宅では感じることのできない、ライフスタイルに合った『幸せに暮らす道具』を一緒に考える会社です。

スタップが作る注文住宅

スタップの家づくりの特徴は「建築士と建てるオーダーメイド住宅」です。実際にオーダーメイドというと全てをゼロから考えるので、なに一つとして同じ家はありません。ただ、それを自分と家族だけの意見で構築していくにはあまりにもハードルが高すぎます。だからこそ、スタップのような住宅企業がいるのではないでしょうか。

スタップの従業員は必ずお客様の趣味やライフスタイルなど、充分なヒアリングをした上でプランを設計していきます。このヒアリングをしっかりとしないことによって、住んだ後にもっとこうすればよかったなどという反省点ができてしまいます。そうすることをなくすために、スタップのスタッフはヒアリングに大きな力を割いているのではないでしょうか。

ちなみ人、そんな家づくりに普段から携わっているスタッフの多くは、スタップで同じように家を建てています。これは非常に良い意見ではないでしょうか。実際に自分の会社で家を建てる。それができるということは自社い自信を持っていることになります。大きな買い物だからこそ、自社にきちんとした自信を持つ企業さんんとおつきあいをしたいですよね。また、完成した家、そしてお客様の笑顔を間近で見て、スタップの家づくりのたのしさを肌で感じているからではないでしょうか。とても喜ばしいことだと思っています。

宮城でデザイン住宅なら「スタップ」

宮城でデザイン住宅を建てたいと思ったら、ぜひ「スタップ」をおすすめしたいと編集部は感じました。もちろんウェブメディアを運営している企業なので、不動産について綿密なリサーチを重ね、マーケティングが出来た訳ではありませんがあ、スタップの持っている高いデザイン力は写真を見るだけでも十分に伝わって来ます。そして、公式ホームページからも確認が出来る「施工事例」をみて、スタップに任せれば、まちがいなくイメージ通りの家にしてもらえるのではないかなと編集部は思いました。

また、写真を見ていると感じるのですがデザインの王道であるシンプルを追求出来ている企業ではないでしょうか。デザインはよく足すことが終わると引き算を始めると言います。だからこそ、引き算がきちんと出来るデザインはシンプルなものが多いと言われています。スタップのデザインを見るとまさにそれが実現されているのではないでしょうか。シンプルさの中に魅力が詰まっている、そんなデザインを提案してくれる予感をさせてくれます。

スタップが作る住宅外観

スタップ会社概要

会社名 スタップ株式会社
本社所在地 〒981-0924
仙台市青葉区双葉ケ丘1丁目45-11
事業内容 新築・増改築リフォームの企画・施工・アフター管理
資本金 1000万円
創業 平成4年6月
設立 平成9年9月
代表者 代表取締役社長:大川勝
免許番号 建設業許可 宮城県知事許可(般-27)第17436号
一級建築士事務所 宮城県知事登録 第12410004号
加盟団体 日本木造住宅耐震補強事業者協同組合
株式会社日本住宅保証検査機構
取引銀行 七十七銀行扇町支店

スタップに関する編集部のまとめ

編集部では、今回スタップについて調査を進めてきました。最初は何をやっている企業なのか、その作っている商品がどのようなものであるのかを表現しようとしたのですが、調査を進めていくうちに様々な企業の紹介をした方が面白いだろうという結論になり、この記事となっています。

住宅は大きな資産になりますし、私たちが一生に一度するかしないかの大きな買い物となります。もっともっと様々な企業の本質を紹介し、皆様にとって有益な情報をお届けしていきたいと思います。