他薦リンクスの評判を調査|他薦Links

他薦リンクス(他薦Links)とは?

最近になり面白いメディアが一つ誕生しました。

通常の採用となると今までであれば、自分が気になっている企業に対して直接アプローチをするか、就職支援サイトに登録して取り扱いのある候補企業と面談を進めて行くかなどが一般的な人材ビジネスの根底となっていました。そのような中で、人材業界の中で面白い制度が誕生したのが「ヘッドハンティング」ではないでしょうか。実際に実力のある人間をヘッドハンティング会社が連絡をとり、人材を欲しがっている企業に対して斡旋をするという面白いビジネスモデルが過去に誕生しています。

そのような中で今回人材ビジネス業界において非常にユニークなシステムが誕生しましたのでご紹介します。それが今回ご紹介する「他薦リンクス(他薦Links)」です。

他薦リンクスの面白いところは自分ではなく、人が自分を紹介してくれることによって転職を実現しようとするビジネスモデルです。言うなれば他人の価値を見出している人が、その人を紹介することができる、第三者的な判断視点が付与されたモデルと言えます。このサイトを運営している公式ホームページにはこのような記載があります。

他薦Linksは、
あなたの推薦から始まる
あの人の才能を生かす
メディアです。

この概念は今までのビジネスモデルと比較すると全く新しいモデルであることがわかるのではないでしょうか。あなたが第三者を推薦することによって、その人の本当の才能を開花させることができるというシステムになっています。

確かに編集部としても「あの人はこんな才能があるのにこの業界にいるのは勿体無い」、「なんで才能があるのにそれを活かさないのだろう」このような疑問を持ったことは一度や二度ではありません。事実、このような思いを既に持っていたからこそ、他薦リンクスというメディアが出てきた時に面白いビジネスモデルだ。と納得することができたんのだと思います。

他薦リンクス(他薦Links)の利用方法

転職をする際に、第三者が自分を紹介するとなると大きなハードルが出来上がってしまうと思います。人を紹介するのだから、それなりにしっかりとした情報を提出しないとならないのではないだろうか。それこそ履歴書や職務経歴書など、しっかりとしたフォーマットが頭をよぎってしまうのではないでしょうか。

しかしながら、この他薦リンクスの面白いところは紹介のステップが非常に簡略化されているところです。通常であれば高いハードルが存在するところを、他薦リンクスとして紹介のハードルを圧倒的に下げているところが、他薦をしやすい仕組みを構築していると言えるのです。実際に、他薦リンクスの紹介者登録フォームを参照するとわかるのですが、そこで登録する情報は非常に簡素なものになっています。

つまり、紹介する相手の情報を必要最低限まで抑え、あとは全て他薦リンクスの方で対応をしてくれるという、紹介者のやるべきハードルを極限まで下げた状態を構築したと言えるのではないでしょうか。

編集部
誰かを紹介する時に、実際その人の詳細情報まで持っていることって稀だよね。ものすごく優秀な人には今以上の活躍を望むけど、本当にその人の詳細情報を持っているかどうかと聞かれるとなかなか答えられないことって多いもんね。
編集部
そうだね。まさにその通りだと思う。だけど他薦リンクスはそこのところをよく理解しているからこそ、紹介したいと思う人の情報を必要最低限まで低く設定しているんだと思う。紹介してくれたら後は自分たちの目できちんとした判断をする自信があるんだろうね!

他薦リンクスへ実際に紹介する場合

他薦リンクスが面白いのは理解できたけど、実際に人を紹介したい場合はどうすれば良いの?そうやって思う人も数多くいらっしゃると思います。そうした時にどのようにして紹介できるのか、その流れを簡単なフローにまとめてみました。

  1. 他薦LinksのLINE@と友だちになる
  2. ご紹介者として登録
  3. ご推薦

実はこんなにも簡単なステップで紹介を実現することができるんです。「LINE@」を利用している点がこの時代に即していて、柔軟な仕組みである印象を受けますね。確かに、誰かを紹介したいとなった時に、ものすごく高い登録ハードルを設定されるよりも、これくらいライトな登録で物事が進行していく方が圧倒的に利用する方は楽だと感じますしね。結局は他薦リンクスの人が最終的には判断を下してくれるという安心感もあるから、登録ステップが簡易化されているのは本当に素晴らしい仕組みだと思います。

実は他薦リンクスには紹介者にも特典があります

この特典というのが、非常にビジネスモデル上面白いと思える点でした。実際に、誰かを紹介しようと考えた時に、自分にとってメリットがあるのとないのとでは、その後の行動に対するモチベーションが大きく異なってくると思います。これはそんな謝礼を出していやらしいなどというモラル的な話もあるかと思いますが、人は誰しも動くことにモチベーションが必要です。人のことを幸せにしてあげたいけど、それよりもまずは自分をなんとかしたいと思っている人もかなりの数いらっしゃるのではないでしょうか。

そういった課題を解消するために設けられているのが、この謝礼という仕組みだと思います。自分のためにもなるし、紹介した人のためにもなる。そう考えれば行動モチベーションは自ずと高まっていくのではないでしょうか。このウィンウィンのモデルは世間に強く浸透するように編集部は捉えました。

他薦リンクスで紹介できる業種について

紹介ができる業種について「この人って本当に推薦できる業種に当てはまるのかな?」のような疑問を持つこともあると思います。そういう意味では他薦リンクスの公式ホームページを見ると、下記の画像のような業種を広く募集していることがわかります。これだけの業種を募集できるのであれば、数多くの紹介ができることに繋がりますね。

他薦リンクスに人を紹介して得た謝礼って副業にならないの?

実際に謝礼をもらえるとなった時に多くの人は「貰う謝礼って副業に当たらないの?」という疑問を持つのではないでしょうか。一般的に考えれば、どこかの企業で働いている人がほとんどだと思います。働いているからこそ、職場で紹介したい人をしっかりと把握することもできると思いますし、働いていないと一般的な生活を送ることも困難になることを考えると、どこかの企業に属している状態になる人は多いと思います。

そうした時に謝礼って実は副業になるのではないか。そうなった時に自分の会社は副業禁止の就業規則があったはずだ。そうなってくるとこの他薦リンクスへの紹介も出来ないのではないか、そういう一連の不安が過ぎることだと思います。ただ、その点についてはしっかりと他薦リンクスが不安を排除してくれていますので、その点については引用して紹介をしたいと思います。

副業については、法律上の定めはなく、各社の就業規則から副業に当たるかの判断が行 われることになります。そして、就業規則上、副業を禁止していても、職業選択の自由か ら、以下のような場合には、認められるというのが裁判例です。

・本業に支障をきたさない
・守秘義務を守る
・企業秩序を維持する
・競業避止義務を守る

上記要素を踏まえ、客観的に会社との信頼関係を毀損しないといえる範囲内で、他薦 Links を利用する限りは、就業規則上禁止される副業に当たりません。

このようなことから、実際には副業に当たらない。つまり自分が属している会社に対する裏切り行為にはなり得ないということになります。

他薦リンクスで得た謝礼は確定申告が必要?

謝礼が発生するとなると、所得が変わってしまうので、税務署に対する申告が必要になるのではないか。そういった懸念をされる方もいらっしゃると思います。しかしながら、この点についても不安を払拭できる記載が他薦リンクスにありますので、その点を引用して紹介します。

本業から得られる収入のほかは、他薦 Links からの副収入のみであり、かつその報酬額 が年間 20 万円以下の場合については、確定申告は不要です。 詳しくはお近くの税理士、税務署にご確認ください。

他薦リンクスのサービスを見てみたい

他薦リンクスってどういうサービスなのか、この紹介記事だけではなく直接サービスサイトを訪れて自分の目で確認をしたいという方もいらっしゃると思います。そのため他薦リンクスのサービスサイトを紹介します。

他薦リンクスのメリット

他薦リンクスのメリットが非常に面白いのは、「紹介者」・「候補者」・「優秀な人材を欲する企業」を繋ぎ、有益な情報を提供することで、双方に「メリット」が生じる、という点がポイントです。何故なら紹介者・候補者双方に報酬が発生し、同時に企業側は優秀な人材を獲得出来るなど、複数の段階でメリットが提供される点が、このWEBメディアの最大の特徴となっています。

他薦リンクスのサービスは、様々なメリットを提供出来る点にあるのではないでしょうか。サービスの利用開始についてですが、紹介者登録・推薦はLINE上で行うため、複雑な書類審査などは不要です。そのためどんな方でも気軽に利用できることが大きな強みです。

次に謝礼についてですが、紹介者・被紹介者がエージェントと面談を行った場合、双方に4千円を贈呈、更に被紹介者のエージェントへの移籍が正式に決定した場合、紹介者に10万円の謝礼を贈呈します。また、当サイトでは、職場環境など将来に不安を抱える候補者に対し、5~10年後のキャリアアップを見据えて有益な情報を提供するなど、精神面のサポートも重視しています。

第二に「安全への取り組み」についてですが、他薦リンクスでは「グレーゾーン解消制度」で問題が無いか照合し、2018年9月に労働省・経済産業省から条件付きの回答をもらっているようです。これにより、掲示された条件を全て満たすことで、利用者様にとって有益な情報を安全に提供することが可能となりました。また、個人情報保護を目的としたプライバシーマークの取得、弁護士等専門家による監修、厚生労働省から有料職業紹介事業の許可の取得など、安心してご利用いただけるよう環境の整備が出来ている点も非常に大きなメリットではないでしょうか。

他薦リンクスの実績

現在、他薦リンクスは20~40代と幅広い年齢層、職種の方々の利用があるようです。それは公式サイトを確認することによって、理解することが出来ました。また、その中から100~300万の年収アップ、昇級と、具体的な成功例が複数実現しています。

例えば、30代技術職の男性の場合、エージェントとの面談後「三井E&Sマシナリー様」からお声掛けをもらっているようです。「これから業績を上げていく中で貴方のような即戦力が必要だ」と熱心に移籍を勧められる中、元々前職に不満は無く職場を離れることに抵抗があった男性ですが、先方の仕事に大きなやり甲斐と高い自由度を感じ、給与の低下などマイナス面もよく検討した結果、三井E&Sマシナリー様への移籍を決断なさったのようです。移籍後、他薦リンクスのインタビューにて「今の職場では更に多くを学べている。チャンスを逃さず本当に良かった」とのコメントもしているようです。

サイトをみる限りでは、他薦リンクスでは、CFO・COO、営業マネージャー、営業部長、経営企画・管理部門責任者、マーケティング部門責任者、工場長・研究開発所長クラスでご活躍をしている人材を募集しているようです。これをきっかけにチャレンジしてみるのも手かもしれませんね。

他薦リンクスに思いを聞いてみました

他薦リンクスをご利用後移籍なさった方の多くは、将来・現状・仕事などの「不安」からスタートしております。そのため当社では、エージェントと面談を行う際、候補者とクライアント経営者とのお引き合わせを原則としております。クライアント概要、ビジネスモデル、企業風土等、外部の情報からは掴めない企業価値を明確にし、候補者に期待されるミッションの理解度を深め、ご自身の悩みの解消、更に移籍へのビジョンを自主的に描けるようになることこそ、この面談の最大のテーマなのです。

もちろん、現在移籍に対し前向きでない方も、構えず他薦リンクスをご利用出来ます。実際、当サービスで移籍した方々の中には、当初こちらの提案に対し消極的な反応を示す場合も多数ございました。しかし、経営者と面談を行い、お互いが掲げるビジョンが合致した瞬間、新しい移籍先でご自身の可能性が広がるビジョンをより具体的に描けたことにより、結果移籍をご決断いただくといったケースがあるのも事実です。移籍後には、「前職よりプライベートが確保出来たことで余裕が生じ、更に大きな成果を出せるようになった」「10年後を考えて他薦リンクスを利用したが、前職より業務の幅が広がった」など、候補者が進化する様子が直接伝わるコメントをいただき、こちらとしても嬉しい限りです。

「この経営者がいる企業なら、今まで諦めていた夢を実現出来るかもしれない」と思っていただくことが、他薦リンクスが描く理想ですね!

他薦リンクスのビジネスをみた感想

編集部としては一通りのビジネスモデルを公式サイトを利用して拝見させていただきました。その中で編集部が思ったこととしては、思ったよりも面白いビジネスモデルであるということです。編集部が面白いと思える点について簡単に箇条書きにてまとめてみました。

  • 利用者が登録するハードルが低い
  • LINE@を利用するなど、端末が現代流にアレンジされている
  • 紹介をした人に対する謝礼がしっかりとしており、行動モチベーションを持ちやすい
  • 紹介される人は能動的に動かなくても、企業へのアプローチが可能
  • 他人からの視点が元になっているので客観的な紹介が可能になる。クライアントが喜ぶ
  • 紹介者が持つ不安を公式サイトで払拭してくれているため、抱えるべき課題が少ない
  • 人材ビジネスは現在伸びている市場である

編集部が簡単に考えるだけでもこれだけの特徴やビジネス的な面白さが裏側にはありました。何より市場が右肩上がりに伸びているところで、しっかりとした新しいアイディアを持って戦えるということは、何より面白いと感じさせる点だと編集部は捉えています。

また、一連の流れの中で考えられる課題に対して明確な対策が盛り込まれている点についてもビジネスとしての賢さを感じています。この点を総合的にみて、非常に面白いと思わせる何かが他薦リンクスにはあるのではないでしょうか。

現時点においては他薦リンクスの口コミ情報や評判などはありませんでしたが、引き続きウォッチして行きたいと思えるビジネスモデルです。