コージュ株式スクール|投資調査

最終面接

コージュ株式スクールについて

株式投資について皆さんはどれくらい認知をしていますでしょうか。もちろん投資については「興味があるけどやっていない」という人が非常に多いのが日本です。それは、資産が減る可能性にどうしても意識がフォーカスしてしまい、投資をすることによって資産が増えていく可能性も存在していることが見えなくなってしまう人が多くいるためです。もちろん、資産がなくなってしまう可能性も投資の仕方によってはあります。そんな中でコージュ株式スクールはこのように言っています。

知恵と経験こそが私たちの財産です。この財産は不況でも、バブルでも、増やし続けることが出来ます。正しく予測すれば、株価が上がっても下がっても、チャンスにすることが出来ます。

コージュ株式スクールは株式投資の知恵や経験を共有し指導している企業なのです。拠点は熊本市中央区に本校を構えており、創設から既に13年が経過しています。コージュ株式スクールの教えは地道で堅実であり、かつ徹底的にローリスクを追求する「コージュ投資法」を指導している投資スクールです。

「株式投資ってなんか怖い」のイメージ

編集部で執筆をしている僕も実は株式投資を行なっています。しかしながら株式投資を始める時は非常に高い心理的ハードルが存在していました。もちろんコージュ株式スクールのようなところに教わりに行きたいなと思いながらも中々その一歩が踏み出せない。そんな心理的ハードルがあったことを思い出します。

日本人の多くは「銀行」に対して預貯金を行なっている人が比率としては非常に大きな割合を占めていると思います。銀行に預貯金をしていても、一年間での金利は「0.001%」程度と非常に低いのが現状です。しかしながら、預け入れている自分の資産を引き出すときやどこかに振り込むときに手数料が取られてしまうので、事実上はマイナスになっていることをご存知でしょうか。

もちろん、こういう話をしても、過去の私も「だからと言って株式投資を始めるのは怖いよ」という心理的な思考を持っていました。それは現代に生きる多くの人にとって同じ思考なのかもしれません。『投資=リスク』だと捉えている人が多いからです。ただ、銀行に預け入れることも言葉としては「投資」になります。一定の金額を預け利子を得ているのですから同じですね。

その状況と同じくして「現金」ではなく、「株式」で資産を保有することに抵抗をなくすところから始めないと「株式投資」が始めることはできないのかもしれません。つまりそれは、自分の資産を増やす可能性が低いまま(0.001%)になってしまうということです。

コージュ株式スクールの良いところ

コージュ株式スクールについて調査を進めている中で面白いなと思える点を見つけました。それは、短期的に一瞬で大きな利益を創出するのではなく、きちんとした投資の力を身につけることによって、将来的にきちんとした利益を創出していこうとする姿勢です。

どうしても株式投資や他の投資商品などを世間的なイメージで捉えると、大きなリターンを短い期間で稼ぎ出そうとするようなイメージがついています。しかしながら、コージュ株式スクールの公式サイトを読み込んで見ると、まずは正しい基礎力を身につけさせようと講義の仕組みが設けられていることに気がつきます。何をするにしても間違った情報のまま理解するのではなく、徹底的にきちんとした正確な知識を身につけ、それを持って株式市場と向き合うように出来上がっているのが魅力だと思います。

また、実際に13年間も株式市場と向き合い、株式スクールを運営してきたからこそ、徹底的に無駄を省き、効率の良い、シンプルな投資法を学ぶことができそうです。

コージュ株式スクールはどのような方を受け入れているのか

コージュ株式スクールでは、通学制と通信制の2つの講義モデルを持っています。もちろん過去からずっと教えてきているのは通学制なのですが、近年のITの発展により、平成29年10月からWeb講座も開講しているようです。通学制の拠点については「熊本」・「東京」・「天神」・「小倉」・「大分」・「鹿児島」の6校体制で運営をしているようです。本校が「熊本」であることから、九州にて発展をしている株式投資スクールであることがわかります。

では、実際にどのような方が生徒として在籍しているのでしょうか。編集部にて公式サイトや他のサイトにて情報収集を行なったところ、生徒の年齢構成としては非常に幅広い世代に対して指導を行なっていることがわかりました。それはお客様の声であったりと少しずつ情報を集約しても他のですが、見る限りは20代~70代と非常に年齢層は幅広く、株式投資について経験者・未経験者を問わず、投資に興味のある方はすべて対象となっていることがわかりました。また年齢構成とは違いますが、オンラインで受講するWeb講座であれば全国すべてが対象となります。なお、主要となる生徒の年齢層は40代~60代が中心となっているようです。

コージュ株式スクールの代表者・考え方について

株式スクールというからには、必ず塾長となる人が存在しています。ちろん呼び名はそれぞれの教室によって異なると思いますが、指導をする人の経歴や実績によって大きく魅力を感じれるかどうかが判断出来るのではないでしょうか。そのようなこともあり、コージュ株式スクールの代表者について調査を進めて見ました。

学長(代表取締役社長)井手広司(いで こうじ)

昭和35年10月30日 熊本生済々黌、熊本大学卒
昭和58年 岩田屋伊勢丹入社くまもと阪神(県民百貨店)創業資金計画を担当熊本岩田屋閉鎖の渦中で財務課長を担当。会社組織と経済構造の不条理と空しさを痛感株式投資に独立独歩の道を模索「3つの波投資法」を考案、独立を決意平成16年くまもと阪神退職平成17年コージュ株式スクール設立悲願の株式投資法「マジック・ライン」を開発高校時代は済々黌水球部において、インターハイ・国体出場、九州大会準優勝。熊本育ちモッコス気質(両親は福岡筑後・筑豊出身)。

コージュ株式スクールのミッション

あなたの人生の主役は、あなた自身です。コージュは、あなたの幸福な人生をサポートします。

コージュ株式スクールの誓い

コージュは自らリスクを取り、研究と実践を積み重ね、ノウハウにおいて日本最高の株式スクールで在り続けます。

コージュ株式スクール社員の行動指針

「ミッション」と「誓い」の実現のため、献身的に実践努力し、業務を通じて地域社会に貢献します。
上記のような内容がコージュ株式スクールとして打ち出している内容となります。

コージュ株式スクールのスポンサー内容

コージュ株式スクールの公式サイトを見ていてミッションや誓い、行動指針を見ると、本当にこのようなことを思っているのかと思えるくらい綺麗なことを伝えてくれているのがわかります。もちろん、その全てがしっかりと守れている企業は少ないと思います。しかしながら、このようなことをきちんと言葉として表現し、皆さんに伝えようとする姿勢こそ気持ちの良い企業なのではないかと思います。

そして、それがよくわかるのがコージュ株式スクールのスポンサーをしている団体だと思います。コージュ株式スクールは文中でも説明をしましたが、熊本から始まった九州のスクールです。その地元に対する愛情を表現しているのが十分に公式サイトで表現されています。そのスポンサーをしている団体について紹介をします。

  • Jリーグロアッソ熊本
  • Jリーグギラヴァンツ北九州
  • MUJ熊本公式スポンサー
  • MUJ福岡公式スポンサー
  • MUJ大分公式スポンサー

コージュ株式スクールでは、実際にこれだけの団体のスポンサーを務めているのです。社会に貢献しよう、地元をもっとより良いものにしようと考えることがなければスポンサーはしないと思います。

まとめ

コージュ株式スクールについて今回はご紹介をしてきました。投資スクールのため、実際にどのようなことをしているのか紹介はあまりしませんでしたが、何より信用が出来る企業なのかどうか。そう言った点を調査できたのではないかと思います。

きちんと受講生の幸せを定義し、11箇条に落とし込んでいるあたりも私としては好感が持てるポイントになりました。

確かに株式投資は手を出したことがない人にとってみれば、捉えどころのない、難易度が高いものに見えてしまいます。だからこそコージュ株式スクールのように、誰にでもわかりやすく伝えてくれるスクールがあるのだと思います。資産をさらに増やすためにどのような方法論を用いるか。そう言った点について考えてみる良いきっかけになるかもしれませんね。