ダイトーグループ(ダイトーウイング)の調査結果|企業の強み

ダイトーグループ(ダイトーウイング)について

ダイトーグループを調べるに当たりましてグループと言うのですから、どれくらいの企業が連携しているのかが先ずは名前を聞いた時に思い浮かべる事だと思います。そのグループ全体で何をしているかと言うと、ダイトーグループでは「健康関連商品・美容関連商品」の展示販売を主な事業内容として活動しています。

ダイトーグループ(ダイトーウイング)の特徴

ダイトーグループが「健康関連商品・美容関連商品」を取り扱っている企業である事は説明した通りですが、ダイトーグループの特徴はどこにあるのでしょうか。実際に健康関連・美容関連と一概に言いましてもかなり広い業界です。そのような大きな業界の中で何を取り扱っているのか、その点についてみていきましょう。

ダイトーグループでは、「磁気治療器」、「磁気活水器」、「健康補助食品」、「美容関連商品」などの製品を展示販売しています。実際に展示販売と言うところが一つの大きなビジネスモデルです。通常であれば商品を展示するのは自店に限るのですが、ダイトーグループではその販売手法だけに止まりません。実際にお客様の街に出向き、その街の中において会場を設け、そこで色々な商品を宣伝し、各商品を詳しく説明をしながら販売するという手法を取り入れています。 この手法は、会場にお客様を実際にお招きし、ご家族やご友人などと一緒にゆっくりじっくりご覧になってもらうために取り入れています。

多くは店に商品を陳列し、販売する方法であるのに対し、この展示販売は一つ違った販売手法である事がよくわかります。このように展示販売をすると言う方法論に特徴があるのは説明をした通りですが、この方法の良さは、商品の特性を目の前でお客様に体験頂く事にありのではないでしょうか。正直に言うと、健康関連商品の販売は、カタログやポスター、ウェブサイトなどでは、その良さを十分に伝える事は難しいとされています。実際に商品を見て、さわって、確かめることで自分なりに安心をする事が出来る産業です。だからこそ、この展示販売方式はダイトーグループが持つ大きな特徴であると言えます。

ダイトーウイングの位置づけ

ダイトーウイングは主に、関東、甲信越地方を中心に販売会社として営業活動を行なっている会社となります。実際にダイトーグループでは、各エリアを担当する企業が設けられています。例えば北海道であれば「ダイトー札幌」、西日本であれば「ダイトー神戸」、九州地方であれば「ダイトー福岡」と言うように、各エリアごとにグループ企業を設けています。エリアごとに各企業を設ける意味合いとしては、直接お客様に対面する営業企業として、各エリアの特性を十分に理解するためにこのようなエリア制を設ける企業はよく見受けられます。同じ地域の人間だからこそ共有しあえる情報があると知っているからこそ、エリアごとに企業を設けているのではないでしょうか。

ダイトーグループの歴史

ダイトーグループは、1967年(昭和42年)に健康産業を軸として大藤産業株式会社を創立しています。この創業日から考えると既に50年以上も企業として歩みを持っていることとなります。この50年続くと言う確率を算出してみたのですが、国税庁の調査によると会社の生存率は、5年で14.8%、10年で6.3%、20年で0.4%、30年で0.021%と結果が出ています。30年の数値を見ただけでも生存する確率がかなり低い数字である事がよくわかります。

そんな中で、半世紀つまり50年以上続いている企業と言うのはどれだけ難易度が高い事をやってきているのでしょうか。30年でも0.021パーセントということは50年はそれ以上に微々たる数値になります。つまり50年以上続いている企業は1万社あって2社も残らないということになります。長い年月をかけ、信用を一つ一つ構築し、今に至るのではないでしょうか。

創業の後、ダイトーグループでは「不動産事業」、「ホテル事業」と事業を拡大し、グループ企業とともに今日まで発展してきています。 2002年(平成14年)には、株式会社ダイトーグループ本社の設立を機に大藤産業株式会社より商社部門を引き継いで、健康関連商品の企画・開発を中心に展開しグループ販売会社へその商品を供給るなどの細かい変化を企業に到来させ、時代に応じて企業のあり方を変えてきています。

健康産業の市場規模

少子高齢化が進む中で、健康産業への取り組みは政府を始め、多くの企業が関心を寄せる市場の一つになっています。実際に健康産業として現在はどれくらいの市場規模があるのか見ていきます。富士通総研の調べによりますと、健康産業における市場規模は、2025年度には医療分野で60兆円、介護分野で20兆円、健康・生活支援分野で20兆円超になると予想されており、大繰りにすると100兆円規模の成長産業と捉えることができる。とレポートをしています。100兆円産業と言われてもピンとこないかもしれませんが、市場規模が1兆円に満たない産業は山ほどあります。例えば身近にあるコンビニエンスストアの市場規模は2017年で12兆円前後であると言われています。また日本の小売業を牽引してきた百貨店の市場規模は6兆円前後です。このような市場規模を考えると、いかに100兆円と言う市場規模が壮大な規模であるのかがわかると思います。

実際に日本における高齢化問題は世界でも類を見ないほどになっています。日本が高齢化社会のモデルケースになると言われており、多くの国から注目されている事実もあります。実際にそんな中で健康産業以外に「高齢者市場」においてどのようなニーズに対応している市場が求められるのでしょう。その点について説明をします。

まずこれまで一般的に考えられ開拓されてきた既存の市場を上げてみますが。一つは、(1)「不の解消ニーズ」市場、と言われています。つまり老化に伴う身体上、生活上に起こる様々な不便や不満、困りごとを代替、補完する形で解消する市場です。身近な商品に例えると補聴器、杖、電動自転車、配食サービス、らくらくホン等が挙げられます。このニーズへの対応は高齢者市場において中心的なものであり今後もさらに拡大していくことになるのではないでしょうか。

次に、(2)「健康ニーズ」市場があります。これは高齢者に限った話ではないのですが、高齢になるほど健康に対する関心は高くなり、自分のための投資意欲が高まることも顕著な傾向として見られています。今回調査を進めているダイトーグループについてもこの市場を担っている事になります。多くの人にとって健康で過ごしたいと言う根源的な欲求はいつまでも続きます。高齢化社会だからこそ、健康に過ごせる時間をいかにして大切にするか、そう言う点に注目が集まっているとも言えるのではないでしょうか。

そして、(3)「時間充実(消費)ニーズ」市場、この視点です。高齢者の多くは基本的にモノには困っていません。日々の自由な時間を如何に満喫できるか、活動や趣味を充実させてくれるサービスに対するニーズは根強い状態に変わってきています。例えば旅をサポートするナビ、生涯学習、家庭農園、軽登山関連グッズ等が挙げられます。

このように高齢化社会においては多くの高齢化市場が存在しており、その中でも健康ニーズと言われる市場は特に注目を集めています。それはそうですよね。資産も時間もあるのに、健康が損なわれていてはより良いシニアライフを過ごす事が出来ません。こういった課題を克服するためにもダイトーグループの活動は注目されるのではないでしょうか。

ダイトーグループの商品

様々な情報を紹介する事によって、ダイトーグループの事や、属している市場について理解が深まってきたところで、ダイトーグループが実際にどのような商品を販売しているのか見ていく事にします。

【ドリームシャワー】

ダイトーグループが取り扱う商品の一つに磁気治療器があります。磁気治療器とは磁力線を用いた健康器具の事を指しており、ネックレスのほか、ブレスレット、絆創膏や下着に粒状の強力永久磁石を内蔵して、その磁気の力で疾病の予防、改善、治療に使われる商品となっています。

ドリームシャワーは交流磁気の超長波が身体の奥深くまで達し、人体を構成する60兆を超える細胞を刺激して活性エネルギーのジュール熱を生み出しているようです。マイクロバイブレーションと内部温熱作用により心身共にリラックス効果が生まれ、肩こり、筋肉の疲れ、血行促進などの効能が期待されています。

このような商品をダイトーグループでは取り扱っています。では、実際にこの商品を利用した方がどのような意見を持っているのか、公式サイトにその利用した声の記載がありましたので紹介をします。

ダイトーグループ商品利用者の声

眼鏡付帯条件が解除されました!!

ドリームシャワーを購入して2年ほど経ちます。私は自動車の運転をする際に眼鏡付帯条件が付き、45年間、眼鏡をして運転していました。でも、今年の免許更新の際、眼鏡付帯条件が解除されたんです。だから、嬉しくて、嬉しくて電話しました。

広島県在住:K.S様

 

難聴が改善されました。

ドリームシャワー(DS)のベッドを購入して4年ほど経過します。今までDSは余り役に立ってないと思っていたけど、難聴で耳鳴りがひどかった状態から この頃少しだけ耳鳴りが小さくなり、耳も少し聴こえるようになりました。

長野県在住:Y.K様

 

このように実際に利用して効果があったと言う声が多数ありましたのでご紹介します。他にも公式サイトでお客様の声が確認できますので、確認するのも良いかもしれせん。

ダイトーグループの会社概要

会社名 株式会社ダイトーグループ本社
所在地 〒564-0051 大阪府吹田市豊津町59番5号
事業内容 健康機器、健康食品、日用食品、日用雑貨等総合卸売 および新商品企画・開発
創業 ○ 1962年(昭和37年) 個人事業として創業
○ 1967年4月12日(昭和42年) 大藤産業株式会社設立
○ 2002年3月1日(平成14年) 株式会社ダイトーグループ本社設立
資本金 8千万円
代表者 佐藤行信
年商 25億円
従業員数 60名

まとめ

企業を調査するに当たっては企業が持つ歴史やビジネスモデル、代表者の特徴など様々な事を調べる必要があります。今回のダイトーグループにおいては、非常に社歴も長く、その長い社歴において継続して実施してきた研究開発によって健康的な商品を世にリリースしている事がよくわかりました。

確率から見てもよくわかりますが、50年以上企業を継続する事は並大抵の事では出来ません。多くのお客様から支持を得て、ご贔屓にしてもらえるよう企業努力を積み重ねない限り不可能な確率です。だからこそ、これだけの企業継続をしている企業には注目が出来るのではないでしょうか。