野村紘一が率いる株式会社アルテカの調査結果|事業

野村紘一が代表を勤める株式会社アルテカについて

株式会社アルテカをご存知でしょうか。株式会社アルテカは総合不動産事業を国内及び国外に展開し、既に創業から43年もの歴史を誇っています。

事業内容を細かく見て行きますと「土地総合開発事業」、「不動産販売・仲介事業」、「賃貸事業」、「総合建設・設計事業」、「建物総合管理事業」などが公式のホームページでも紹介をされています。つまりは土地の仕入れから販売及び管理に到るまで、不動産に関わる総合的な事業を展開しており、不動産特化型の企業である事がよくわかります。

また、調査を進めていく中でも特徴的であると認識した点としては、超高級マンションと呼ばれている「ベルテ」、「エイム」、「ベルア」等のシリーズを自社開発として展開しており、総合建築設計デザインからインテリアのコーディネート、総合リフォーム・内装工事・清掃など、「不動産」という分野を軸にして、様々なサービスを提供しております。このような事が出来るのも、不動産事業を総合的に展開し、一途に不動産のあり方を追求してきた過去があるからではないでしょうか。

今でこそ一般的な名称となっている「億ション」という言葉ですが、日本で始めて億ションを手がけたのは野村紘一さんが率いる株式会社アルテカであるという事も調査ができております。

時代と人々が求めるニーズを先取りし、都市空間に新しい価値を創造し続けることにより、お客様に感動していただける多様で高付加価値な商品をプロデュースしてまいります。そして、社会に貢献し信頼にお応えいたします。

上記のような言葉が公式ホームページにも掲載されている通り、時代と人々が求めるニーズは日々変動し、お客様が求めている多様性に適合するためには高付加価値のある商品でないといけないという事を企業自らが徹底して実践しているようにも見受けられました。この点からも不動産という業態に置いて、非常にユニークであり誠実に顧客の満足度を追求している姿勢が伺えるのではないでしょうか。

編集部
確かに時代の進化と共に私たち一般消費者のニーズは間違いなく変動しているから、常にチャレンジや商品が進化してくれないと満足度は上がらないよね。
編集部
そうだね。それに不動産事業を総合的に展開している事によって、様々な不動産の角度から物事の判断が出来るからそういった意味でも不動産の相談をする時にはあんしんん出来るね。

野村紘一社長はどういった人物なのか

不動産事業はいつの時代も大きな投資リスク(不動産保有リスク)があるため、何度も大手が倒産してしまうようなケースを私たち自身も見てきました。そんな中で創業から43年以上、不動産を総合的に取り扱う企業として、存続させてきた代表の「野村紘一」さんのビジネススキルは非常に高いものがあるのではないでしょうか。だからこそ、株式会社アルテカを知るためには、株式会社アルテカの創業者である野村紘一さんについて知る必要があると思います。代表者である野村紘一さんを知り、企業としての特徴や特色に迫っていきたいと思います。

少し調査を進めてみると、野村紘一さんは1975年に億ションを開発したという事がわかりました。時代に先駆けて付加価値の高い商品を開発して、世に広めてきた第一人者なのかもしれません。実際に当時の日本には「億ション」という選択肢や概念がまだ定着していない、生まれていない時代ですので、時代の先見性があったのではないでしょうか。また、そういう意味においては、「不動産業界初の等価交換方式による開発」及び「日本初のガラス張り高階層商業ビルの建物」など、常に時代を先取りしてきているのも事実です。このようなチャレンジングな姿勢こそ、野村紘一さんを表現するのにぴったりなのかもしれません。

それに創業は1975年である事を考えるとバブル経済の真っ只中に創業をした事がよくわかります。1973年の12月からバブル経済は1970年の終わり頃まで続いたとされています。そんな中で新しい仕組みを世間に定着させるだけでなく、しっかりとバブル経済が崩壊しても、企業を存続させ今尚活躍している事を考えると非常に優秀な経営者であり、優秀な創業者である事が見て取れます。多くの企業がこのバブル崩壊と共に、職を失い、未来を失ってしまったのは事実です。そんな中で企業の存続、つまり雇用の存続を果たしたのですから、変動する社会経済において見事な適応能力を発揮し社員を守ってきたのではないでしょうか。

株式会社アルテカの社風

株式会社アルテカの企業ホームページを見ていると、採用サイトにも特に力を入れている事がわかります。企業の「採用情報」から回遊をしてみるとわかるのですが、「新卒採用」、「中途採用」別できちんとそれぞれのページを作り込んでいる事がわかります。採用という概念で言えばある程度情報を同じにしてしまう企業が多い中で、きちんと「新卒」には新卒向けの情報を整備し新卒者にわかりやすいような工夫を取り入れ情報の発信をしています。

また、「中途」には中途採用にわかりやすいように同じく情報の発信をしています。これは簡単なようで難しいと言われている箇所になります。どうしてもコストが増大化する観点から採用サイトをきちんと構築せず、他の部分に資金をかける企業がITが一般的になってきた現代でもまだまだ見受けられます。しかしながら、きちんとこの採用サイトに費用を捻出している事を考えると、その情報発信から入社に繋がって欲しい。人材を大切にしたいという会社の意思が見て取れるのではないでしょうか。

また、採用サイトを見ていると下記のような株式会社アルテカの社風を確認する事が出来ました。

何事も果敢にチャレンジしてほしいと思います。当社にとって最大の武器は“人材”、「出る杭は大歓迎」という社風です。
一緒に豊かな社会を創り上げていただける、みなさまのご活躍を心からお待ちしております。

これは企業として本音なのでしょうか。確かに企業のホームページを見ると、綺麗事ばかり書いている企業が存在しているのも事実です。しかしながら、最大の武器は人材であると言ってしまっているのですから、入社した後に「人を大切にしない会社だな」と思われてしまっては入社後のギャップが大きくなり、退職率が上がってしまうのは明らかです。それを優秀な経営者である野村紘一さんがやるでしょうか。私はそのようには捉えられませんでした。なので、この企業からしたら人材こそ最大の宝であり、武器である。そして、出る杭は大歓迎。大いに自分の意見を会社にぶつけて精一杯仕事をして欲しいという気持ちの現れなのではないかと思っています。

株式会社アルテカの企業概要

次に株式会社アルテカはどのような企業なのか。概要を紹介し見ていきたいと思います。

会社名 株式会社アルテカ
設立 1975年(昭和50年)10月4日
代表 野村紘一
資本金 1億7000万円
所在地 東京都港区北青山3−3−13
従業員数 200名(グループ全体)
事業内容 不動産総合企画、開発(ASCシステム事業部)、土地の仕入れ
不動産総合販売(超高級マンション/ベルテ/エイム/ベルア/各シリーズの分譲等)等、
新商品、各シリーズの分譲、その他 不動産総合流通(企画/仲介/買取/売買/賃貸等)
建物総合マネジメント(建物総合管理・プロパティマネジメント等)、建物総合管理、
プロパティマネジメント
総合建築設計デザイン(企画/意匠/内装設計/インテリア装飾商品の輸入/
各意匠デザイン/監理等) 総合建築工事一般・施工監理・CM事業等
総合室内インテリア・トータルコーディネート等 総合リフォーム・内装工事・清掃など
海外事業(事業開発・インテリア等のジョイント/輸入等)、
インテリア装飾商品の輸入 総合リゾート&レジャー(開発・運営・売買等)
新規事業企画(1)高級飲食店運営の総合企画
(特別ワイン・レストランおよび和食等の店舗経営)・実施
新規事業企画(2)芸能・エンタ―ティメントの新規立ち上げ事業 各種サービス不動産流動化
(新ファンド化の立案・金融不動産商品の開発等)
M&A事業/不動産鑑定/調査/法務/税務/会計 IT・インターネット事業/WEB運営/
パソコン・携帯サイトの新規開発および専門知識開発・超専門家育成 不動産・
建物等のトータル総合コンサルティング 総合建物のセキュリティ全般
・警備管理サービス事業
免許番号 [宅地建物取引業免許/国土交通大臣免許(5)第5666号] [建設業許可/東京都知事(特-24)第138282号] [一級建築士事務所登録/一級 東京都知事登録 第15485号]
事務所 本社/東京都港区北青山3-3-13
支社/東京都港区南青山、渋谷区、世田谷区、神奈川県、
アメリカ合衆国(ハワイ、サンフランシスコ)他
関連会社 株式会社アルテカ都市計画
株式会社アルテカマネジメント
ALTEKA INTERNATIONAL(ハワイ現地法人)
株式会社アルテカリゾート
株式会社アルテカ建築設計
大和産業株式会社
野村学術振興財団
※その他関係会社10社
売上高 121億円

A.S.C.(Alteka Space Creation)とは

株式会社アルテカでは43年の歴史と共に様々な不動産物件の有効活用方法を世にリリースしてきました。公式ホームページなどを確認している限り、その方法論の総数は20以上の方式が存在していますが、今回はよく利用されているなと印象に残った代表的な3つの方式を記載します。

新・等価交換方式

アルテカ独自の節税・活用ノウハウの活用で、オーナー様の資金はゼロの状態でも、大切な土地を手放さないプランです。もちろん、多大な事務手数をアルテカがおこないます。 優遇税制の適用と独自の節税ノウハウで最有利な状態で資産活用にのぞみます。

総合事業受託(一括請負)方式

お客様の土地や建物を、ディベロッパーのノウハウを使いながら、リフォーム・建替など、あらゆるご提案を致します。
またその後の運用・管理等も行えますので、煩わしさは全くありません。

最高率の売却方式

処分する最も有利な条件をオーナー様と話し合います。最後に残るお金を最大化する為、節税はもちろん、物件の売却時期や売却条件をご提案するのが「最高率の売却方式」です。

このように、企業独自のノウハウを活用し、最大限お客様のメリットになるよう不動産をきちんと運用する仕組みの設計をしているようです。実際に長年時間をかけて生み出してきた企業だからこそ、様々な失敗があり、今に繋がっているのではないでしょうか。

まとめ

今回は野村紘一率いる株式会社アルテカを独自の視点から調査してきました。その中でわかった事は、変動の大きな不動産業界で43年もの長きに渡り、存続させている点を先ずは評価すべきではないかという事です。実際、当たり外れが大きいと不動産業界は言われています。ほとんどの企業が不動産の仲介から起業し、活躍を夢見てチャレンジをするのですが、実は不動産業界は淘汰されるのも早いのです。生き残りの確率は極めて低いと言えるのではないでしょうか。その中の産業においてきちんと生き残っているという、時間をかけて形成してきた企業としての信用。これがこの企業にはあるのだと思います。

また、当然ですが長年生き残っていれば良いという訳ではありません。もちろん、長きに渡って企業を存続させるためには何が必要か。それは時代の変化や一般消費者の変化と共に企業自体も変わっていかなければならないという点です。当たり前の事ですが、1年前と同じ事を今やっていても未来はありません。競合他社が更に良い商品・サービスを構築しているからです。だからこそ、経営者に求められるのは変化であり、進化だと思います。そう言った意味でいうと、株式会社アルテカは、新しい商品を生み出す力を持ち(億ションやガラス張りビル・等価交換方式の採用など)、社員に対しても挑戦を求めている企業風土があるのですから、企業組織としての総合力があるのではないでしょうか。企業として、経営者として強い企業だからこそ長年存続できているのだと判断しました。

不動産は多くの人にとって大きな買い物です。一つの買い物で数千万円を支払う事になるのですから一生に一度の大切なお買い物になると思います。そのために住宅ローンを適用したり、終の住処として考えたり、子供の未来・子供の田舎として重要な買い物だからこそ、しっかりとした企業を見つけ、相談に乗って欲しいものですね。

編集部にも、実際に不動産を購入しようと思っている者はおります。しかしながら、このような不動産の投資についてどういうイメージを持っているか聞いてみたところ、やはり投資をする金額が大きいこと、そして投資をしてミスした場合に損失が大きすぎること、つまりネガティブな要因が頭を支配しており、自分としては投資には踏み切れずにいることがよくわかりました。確かに、投資が大きいとなると、そのリターンが適正でないと本当に怖いのだと思います。また、それを自分のお財布の中でやりくりするのですから、より一層慎重になるのは仕方のないことではないでしょうか。では、そういう状況をどうしたら良いのかという点も合わせて聞いてみましたが、やはり信用ができる企業を見つけることができるのかどうか。この点が大きく関わってくるのではないかと話を聞いた人間は言っていました。やはりこのような観点からしても、どうやって信じることができる企業を見つけるのかというのは投資を求める人たちにとって最重要課題なのだと思います。