転職をするかどうや悩んだらどうすべきか

自己分析

社会人経験を積んでくると、誰もが一度は考えるのが「転職」では無いだろうか。

編集部としても「転職」をキーワードに扱っているメディアなので、今回の記事では転職について悩んだ際にどのような事を先ず考えるべきなのか説明をしたいと思う。

転職する目的は何のため?

転職をする際にネガティブな理由によって転職をする人が非常に多くいる。実際、人間関係が合わない、給与が伸び悩んでいるから他の企業に転職して給与を高めたいなどがそれでは無いだろうか。しかしながら、このようなネガティブな状況下に置いて、次の企業に行ったとしてその悩みは一時的には解決するかもしれないが、根本的に解決するのか今一度立ち止まって考えて欲しい。本当の意味で問題が解決しないのであれば、その転職は少し待ったほうが良いだろう。例えば人間関係で言えば、次の職場でもそのような状況になる可能性は非常に高い。職場を変える前に今一度、今の時点で問題を解決する方法が無いのか、それをきちんと考え、行動に移すほうが先なのかもしれない。

つまり目的を持ってきちんと転職できるのか、そう行った事に目を向けて欲しい。

企業名で選ぶのではなく、自分は何がしたいのか

企業を選ぶ際に考えて欲しいのが、それを企業が持つブランド力や知名度で決めていないだろうか。確かに有名な企業であれば、何となく安心することができるかもしれない。しかしながら、ブランド力があっても、そこで働くあなたが、何の楽しみも見出せないのであれば意味が無い。働いていく期間は長いし、そこで楽しみを見出せるほうが良いのは間違いない。だからこそ、企業名で選ぶのではなく、自分がやりたい事で転職先を選ぶのが良いと編集部は感じています。