新卒者が覚えておくべき面接のコツ

最終面接

新卒者の多くは就職活動において「面接」に戸惑う人も多いのではないだろうか。実際に編集部を担当している私も、新卒採用面接の際には面接にどのように対応して良いものか悩み、様々な人に意見を聞いた過去が懐かしいものだ。

今回の記事に置いてはこの新卒採用についてコツとなるものをご紹介したいと思う。

新卒採用面接のコツその1

新卒採用の面接において、勉強を暗記でしてきた皆様にとっては、最初から答えを持ってなければならないと思っている人も多くいるのではないだろうか。何かを聞かれたら、こう答えると言う答えを持っていないと不安になるのもよくわかる。それは過去の勉強がそのような方法を思いつかせるのだろう。

しかしながら、面接はあなたの素顔を知りたいと思う場所です。だからこそ、聞かれた質問に正直に答えるのが一番良いのです。確かに、事前にどんな事をしている会社なのか、どう言う事を今後取り組んでいくのかを調べるのは必要です。ただ、答えを最初から丸暗記するのではなく、自分なりの答えをきちんと持つことが重要であると言えます。

例えるなら、なぜあなたが自社を志望しているのか。そう言う質問には、自分は業界として◯◯業界に興味がある。それは大学で学んだこと、こう言う理由からして学んで見たい。その業界の中でも、ニュースリリースを見ると先進的な事を手がけていること、また企業風土としてチャレンジ精神が根付いていることなどから、御社で自分を試す機会を作りたいなどと言えれば最高かもしれません。

新卒採用面接のコツその2

面接に置いて一番やってはならない事は嘘です。これは自分を誇大表示したいと言う意思の現れだと思っているのですが、辻褄が合わない方がよっぽど印象が悪いです。よくあるのが、サークルの部長だったなどと言う話をするのですが、それはあまり意味がありません。部長だったからなんなのだろうと思います。それよりも、自分だけが考えてきた会話のコミュニケーションをしっかりと取れる方が好印象です。辻褄が合わなくなる会話より、相手と質問を交わしあう会話の方が人事部の見え方は良いと言えます。

新卒採用面接のコツその3

あまり細かい事を気にしない方が良い。これがアドバイスです。細かな事を気にしても正直あなたは学生なのですから全てをカバーできる訳ではありません。だからこそ、身の丈にあった自分を見せ、出来ない事は出来ない、やりたい事はやりたい。正直に伝える努力が必要かもしれませんね。

いかがでしたでしょうか。少し例などを出してきたので、少しだけ理解できる部分もあったと思います。

このような小さなことの積み重ねが重要なので、是非とも面接の前に一度読んでもらえると編集部も嬉しいです。