転職に向けてのメンタルづくり。ネガティブな心をぶっ飛ばせ!

パワハラやセクハラ、長時間労働など、会社の対人関係や仕事量に責め立てられて仕事をこなす日々。
長時間労働などで新入社員が自殺してしまうニュースが叫ばれる時代。
そんな日々に終止符を打つために転職活動を始める方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、受けたパワハラなどで身も心もボロボロ、どうせ自分なんてとネガティブスパイラルに陥ってしまっていませんか?

ネガティブに陥っていてはうまくいくこともうまくいきません。
ちょっとした幸運も見逃してしまいます。
そんなネガティブから脱出したいあなたにお届けします。

在職中のメンタルケア

「働くことに自信がない」そんな時は?

上司からの罵倒や嫌がらせが原因で転職を考えている場合、一刻も早く転職したいと思ってしまうでしょう。
その上司に「お前はダメだ」「早く辞めろ」「仕事ができない」「給料泥棒」「お前なんていらない」など、自分自身を否定する言葉を投げつけられたとき、
「働くこと自体に自信がなくなってしまう」なんてことに陥ることもあります。
そんな時は、転職よりもより早く会社を辞めることを考えてください。
おそらく精神が限界にきていると考えられます。
拒食症やうつ状態など具体的な症状が出ているときには早急に病院に行くことをおススメします。
まずは転職に前向きになれる状況づくりから始めてください。

転職活動で不採用の嵐…。

採用試験を受けるも一発で採用になるような幸運はなかなかないでしょう。
何社受けても採用見送りの繰り返し…という可能性もあります。
そんな時はいったん転職活動の手を止めましょう。
一度白紙に戻すことで精神的にも落ち着いて、また改めて転職活動をつづけることができます。
早く転職することばかりを考え、やりたくない仕事についてしまい、また転職と繰り返すことは、
今後のことも考え、あまり得策とは言えないでしょう。
じっくりと自分のやりたい仕事に向けて活動をしましょう。

仕事との両立、会社での居場所。

転職をするのであれば次の仕事を決めた状態で安心して今の仕事を辞めたい、という方も多いのではないでしょうか。
そのためには今の仕事との両立は必須になります。
会社に内緒で転職活動をする場合は、仕事のスケジュールと転職活動の調整が堂々とできないので、
多少うまくやらなければならなくなってきます。
休みが多くなったり、外出が増えるなどあなたの様子を見て、勘のいい人にはばれる可能性もあります。
会社の人からのあたりがきつい時には邪魔をされる可能性もありますので、隠し通すための工夫も必要になってきます。
ただ転職活動をするだけでも大変であるにも関わらず、今の仕事や状況との板挟みに悩むことになるかもしれません。
そんな時は適度な開き直りと優先順位をつけることが大切です。
もちろん今の仕事において波風を立てないのは重要です。
ですが、あくまで次の仕事を探しその仕事をつづけることが一番重要ではないでしょうか?
優先順位をつけることで仕事と転職活動も効率よくできるでしょう。

採用試験でネガティブは禁物!

志望理由でネガティブなことは言わない。

就職活動の志望動機と同じように「転職の理由」は必ず聞かれます。
「なぜ今の会社を辞めたいのか?」とわざとネガティブな言葉が出てくるような質問をされることもあります。
どんなに「今の会社で苦痛を受けているか」をアピールするのではなく
「どれだけこの会社で働きたいか」「この会社にこうけんできるのか」という発言にすり替えましょう。
例えば「社員同士の人間関係に苦痛を感じている」ではなく
「御社の社長の○○という言葉に感銘を受け、そんな社長のもとで働く人と一緒に働きたいと考えたから」などと答えるとよいでしょう。
会社でパワハラを受けているときや、転職活動がうまくいかない時は、ついネガティブな言葉が口をつきます。
しかし、厳しいようですが新しい会社の人にとってあなたが今どんな状況なのかはどうでもいいのです。
転職活動をして厳しい状態にいるにもかかわらずどれだけ前向きな言葉を発することができるか、
これが一番難しいですが、一番大切なことです。

対人関係のトラブルは見せない。

実際にとある会社での採用試験で聞かれた質問で「上司とトラブルになったときどう対応するのか」というものがありました。
Aさんは「自分が間違っていないのであれば、徹底的に納得できるまで戦います」と答えました。
Bさんは「上司のほうが仕事をするうえで経験も知識も上でしょうし、話し合いをし折衷案を提案する」と答えました。
どちらが採用されたでしょうか?
答えはBさんです。
仕事をするうえで対人間の関わりは必須です。
どんなに有能でもトラブルになるような人は率先して採用したくないでしょう。
ネガティブな状態だと視野が狭まり柔軟な対応が難しくなります。
いかに自分が柔軟に対応できるかをアピールできる良い機会にすり替えてしまうと良いでしょう。

転職をするうえで、自身のメンタルにおいても発言においてもネガティブは邪魔にしかなりません。
どれだけ前向きな言葉に変えようと思っていても、根本的にネガティブに陥っていては前向きな言葉も出てきません。
一度手を止めたり、仕事を先に辞めるなどの環境を変えることで、まずは自身のネガティブを取り払いましょう。
まずはそこからです。
前を向いて新たな仕事に飛び込んでいってください。