事前準備が転職成功のカギとは?思い立った時に行動するべき2つのこと

転職の事前準備

転職活動は思っているよりもエネルギーが必要です。

一時的ではありますが、転職活動の期間は人に気を遣う時期です。

そして、この期間中こそが新たな職場でスムーズに働くための一番大切な準備の時期と言えるでしょう。

転職と一言で言っても知っておかなければいけない事項や処理、面接への対策など準備が必要なことはたくさんあり、心の準備も必要となってきます。

今回は、転職の事前準備にスポットを当てて、転職成功に向けて知っておくべき情報をまとめていますのでご紹介します。

転職で一番重要なポイントは事前の情報収集

 

なぜ転職をするのかという点については「会社への不満」、「やりたい仕事をやっていきたい」、「給料に満足していない」等それぞれですが、不満を改善する手段として転職を選ぶ以上、転職先の情報を全力で収集していく姿勢は必要です。

結局、思っていたような転職ができなかったということが無いように、不明点をゼロにした状態で転職を完了させるというのが理想形ですね。

情報収集の手段としては、下記の3つの方法があります。

・求人誌の情報を見る

・インターネットの転職サイトを活用する

・転職先のホームページを参考にする、口コミ情報を探す

できれば、3つのうち2つ以上から情報を得ることをオススメします。

例えば、求人誌のみの情報を信頼すると、入ってくる情報が少ないため入社後のイメージと異なってしまう可能性が出てきます。

最もイメージがつきやすいのはインターネット上の口コミを参考にすることです。今の時代、過去に勤務したことのある方や現職の方でも書き込みできるサイトが存在していることが多いですので、こまめにチェックしていくと良いでしょう。

転職先のホームページ上に採用についてのお問い合わせ先や窓口の準備がある場合は、直接コンタクトを取ることもおすすめです。電話対応から企業の印象をつかむこともできますので、転職先選びの重要な判断材料になる要素です。

入社を左右する面接の大切さ

転職と新卒採用では採用される基準が異なると言われています。

転職の場合は、既に社会人として働いている人材として筆記試験よりも面接が重要視され、採用基準の大半を占めることになります。

それでは、面接時に注意するべき点を見ていきましょう。

・ノックは3回ドアを軽く叩く。(面接マニュアルで4回と書かれている場合がありますが、一般的には3回がベターです)

・失礼します。よろしくお願いいたします。ありがとうございます。についてはゆっくり発声することを心掛ける。

・こちらから声を発する場面では、全て相手の目を見てハキハキと話す。

・現在の仕事内容、転職理由、志望動機は必ず聞かれるので事前に回答を用意しておく。

・今後の目標を聞かれた際には、変に遠慮をせずに話す。(やる気を見せることは大事です)

ある程度、事前に準備できる内容となっていますので、何度もシミュレーションをすることで自然な形で面接に臨むよう心がけましょう。

頭の中でイメージできた状態を作ることで、慌てることが少なくなります。

まとめ

情報収集、面接にスポットを当てて書いてきましたがいかがだったでしょうか?

どちらも事前に準備しておくことができる事項ですので、転職を思い立った時点から1日1日少しずつでも進めておくと良いでしょう。

面接に関しては当日になってから焦ってシミュレーション、練習したところで本番であたふたしてしまう可能性は高いです…

これまでの社会人経験をもとに、相手の目を見て、しっかりと自分の今後について話せるように心の準備もしておくようにしましょう。